社長ブログ

いよいよビールのシーズンとなってまいりました、

ベルギービールの夏といえばやっぱりこのビール!!

セゾンビール
◆セゾンビールとは

昔、農家が夏の農作業中のどの渇きを癒すために作られたビール。
夏の農作業中、暑い時期に飲むため、度数は5%前後で苦みの強いものが
多い。セゾンとはシーズン、季節の意味である。

そこで、我々は5月26日(土)を勝手にセゾンデーとし
ベル・オーブ六本木、デリリウムカフェトーキョーにてイベントを開催いたします。
両イベント共、菅原・古城戸も参加させていただきますので是非、一緒にセゾンビールを満喫しましょう。

◆デリリウムカフェトーキョー◆

~代古会~

ついビールが進んでしまう、初夏に相応しいお料理をご用意致します。
毎回大好評の『代古会』にセゾンビールをマリアージュさせました。
日時:5月26日(土)12:30~
会費:5,000yen
(コース料理とテイスティンググラスサイズのビール四杯、食後のカフェ付)

定員:20名様
予約:03-3501-3181
又はtwitter[dctokyo]まで。
テーマ「夏のきざし」
・アミューズ:
鎌倉産ももたろうトマトとリコッタチーズ/雲丹と胡瓜のライスサラダ
★マリアージュ セゾン・カズ―
・前菜:
ぱりぱりの皮で包んで焼いた鮎のコンフィ サラダ仕立て
★マリアージュ セゾン・ドッティニー
・パスタ:
ガルムでマリネした、鱸(すずき)と苦瓜のキタッラ(イタリア中部、アブルッツォ州の伝統パスタ)茗荷とライム風味
★マリアージュ セゾン・ヴォアザン樽生
・メイン:
静岡県産富士の鶏もも肉のロートロ(ロール状に巻いて焼いたもの)/冬瓜と茄子のフリカッセ(冷たいフォアグラ添え)
★マリアージュ 日本初登場!!セゾンネケ樽生(一番下に説明あり)
・デザート:
ココナッツのブラマンジェ マンゴーのかき氷ミントの香り/小菓子 コーヒー
フォーセゾン樽生セゾン サンフーヤン樽生セゾン ドッティニー樽生セゾン ヴォアザン樽生 も当日提供予定です。

※代古会にご参加いただいたお客様は2次会、ベル・オーブ六本木にて
1杯目セゾンビール樽生、量り売り500yenにて提供いたします。

◆ベル・オーブ六本木◆

セゾンビールデー
日時:5月26日(土)15:00~
・ベルギービール名誉騎士 菅原 亮平によるセゾンビール講義15:30~予定
・ベルゴ セゾンネケ樽生初登場!!(代古会に参加の方はセゾンネケ樽生、量売り500円)・フォーセゾン、セゾンデュポン、ボンブー各大瓶の量り売り
250ml700yen
ベルゴ セゾンネケ
>
セゾンネケとはベルギーの伝統的なセゾンビールとして醸造したものである。セゾンビールはベルギーエノー州の農家が農家が夏の農耕期に飲むために作られていたビールである。農作業中の喉の渇きを癒しやその後も働くためにアルコールの低いもので、冬に醸造して長い間貯蔵される事からホップが通常よりも添加され苦みが強い。セゾンネケとはフランス語のセゾンとフラマン語のエケを組み合わせた名前でエケとはまさに「小さいなものや幼いもの等に」を使い、日本でいう「ちゃん」のようなものだろうか。フランダースやブリュッセル周辺では非常によく使われる古い方言である。このビールはたった4.4%のアルコールながらも酵母とヨーロッパ産のビタネスホップとアロマホップにより非常に味わいがあるものとなっている。IBU(苦みの単位)は32でありこのアロマは100Lあたり250gものホップを熟成中に加えている。また麦芽と小麦を使用する事によって少しだけボディーを強くしているのだ。

Belgoo Saisonneke is a beer made in the tradition of the Saison beers. These were beers which were brewed in the farms in Hainaut (where the brewery is) for the seasonal workforce (harvest season). Those beers had a lower alc. percentage so that the people could still work afterwards and was a very good thirst quencher. They were more bitter/hoppy than average to be able to keep the beers stored for a longer time.
The name Saisonneke is a mix of French (saison) and Flemisch (eke). The Flemish “eke" means literally “smaller" (fe manneke pis) and is used very often in Flemish (especially in Brussels also).
The “Belgoo Saisonneke" has only 4,4% alc but still a lot of taste because of the used yeast and the generous amount of European hops for bitterness and aroma (IBU 32). The aroma comes mainly from the dry hopping at 250g/hectoliter.We used both barley and Wheat to give a bit more body to the beer.