社長ブログ

ドン・キホーテ(ミゲル・デ・セルバンテス・サアベドラ作 1547~1616年)の舞台ラ・マンチャよりワインを輸入を開始するわけですが、この地方の岡の上にそびえる風車は雄大かつ自然の力を感じさせるものでした。周りの山々には現在の風力発電の風車がまわっており500年前も今もやっている事は同じ。

実はこの風車はスペイン国王にもなったカルロス1世の時代に彼の故郷フランダース地方から取り入れたとされています。
カルロス1世は別名カール5世。ベルギー(当時のブルゴーニュ公国)のゲント生まれであのベルギービール、グーデン・カロルスを愛したと言われる国王です。

なにげに訪れたスペインでこんな話を聞いた時、色んな歴史やビール、ワインの円を感じるわけですね。