社長ブログ

昨日は本当にうれしい事が一つ。ベルギービールとは関係ないですけど、、

体操の男子個人総合で富田が金、水鳥が銀メダルを獲得!!

体操黄金時代到来!とマスコミで騒がれました(体操にしてはね)

今回の世界選手権は、一つ体操競技の中でもくぎりとなる大会でした。

1972年、モントリオールオリンピックでコマネチが体操競技の常識をくつがえす10点満点を獲得。当時の掲示板は10店満点がでるはずがなく、掲示板が○.○○までしかなかったので、1.00で表示したという話は体操界では有名な話です。

大学時代、体操の遠征で(自分は連れていってもらっただけみたいな感じだけど)
アメリカに行ったときソルトレイクでの練習の前に、インディアナポリスの全米選手権を見に行った。そこにコマネチがいたので、一回写真撮ってもらった事があります。となりにコマネチの旦那でロス五輪金メダリストのバート・コナーがいたのに、ミーハーな私達はそれを激無視して、コマネチとだけ話す。。

さらに調子に乗った私は、コマネチにコマネチ!(ビートたけし)を敢行。
コマネチもコマネチギャクを知っていた!!!
当時アホな私は、それで天にも召される気分で自己満足。。

しかし、その後、地獄が待っていた、、、

その現場をコーチに見られていたのであった、、、

その夜、地獄の補強(筋トレ)が、、ほんと地獄絵図な筋トレ地獄。。

おっと、話がそれてしまいました。。

長くなって来たんで続く、、