社長ブログ

知りませんでした。
ベルギー人から聞いて初めて知る。。。

「ヒューガルデン醸造所。操業停止。
ジュピラーの醸造所にて生産へ。。。」

ウェブで調べたところ、本当のようです。すべての記事において、ヒューガルデンは、ピエールセリスさんが作りあげた醸造所との説明がついています。下記参照。
セリスさん、やはり功労者ですね。

2年前、3時間歩いてやっとの事でたどりついたヒューガルデン醸造所。
そこで飲んだヒューガルデンの味わいは今でも忘れません。


ヒューガルデン醸造所にてビールのサーブの指導を受ける高尾。菅原撮影。

現在、ヒューガルデン村に住んでいるピエール・セリス氏は何を思うのでしょうか。

他の記事にもインベブ(元interbrew)という世界最大の醸造会社のリストラと書かれていました。会社の合理化もやむをえないでしょう。しかし、20世紀のビールの歴史でも忘れることのできない、ヒューガルデン醸造所。セリスさんが生きているうちになくなるとは、、、、


ボトリング工場は操業すると表明。逆でしょう。逆。。
右の小さく写っている人は高尾です(笑)
「Celis White を輸入している身としては、ひとごとに思えません。。」

Towards the end of the 2nd World War the Belgian brewing industry was almost destroyed as the German troops looted most of the breweries for anything valuable. In 1957 the last witbier brewery in Hoegaarden closed. Pierre Celis established his brewery in 1966, giving birth again to the old style Belgian wheat beer wit. In 1978 he build a bigger brewery named De Kluis. After a fire at the brewery in 1985 Pierre got financial help from the Artois breweries (Interbrew from 1987). In 1989 Mr. Celis retired, sold his brewery to Interbrew and left for Austin, Texas. In 1992 he opened up a new wheat beer brewery called the Celis Brewing Company.The Beer is “Celis White”
In 2004 Interbrew merged with Brasilian Ambev to form Inbev and De Kluis was then part of the world’s biggest brewing group. On November 30 2005, InBev announced a restructuring of their Belgian organisation under which the Hoegaarden brewery would close and operations would be moved to Jupille. The beer Julius would no longer be brewed at all. This sparked protests from Hoegaarden locals, upset at the loss of the town’s most famous symbol. In December 2005 it was decided to close the Hoegaarden brewery and move the production of the beers to the Jupille brewery in southern Belgium. Brouwerij de Kluis is often just called Hoegaarden due to its former location and the name of the famous beers.

にほんブログ村 酒ブログへ