社長ブログ

次回の輸入は

東フランダース州を代表する
リーフマンス醸造所」から直輸入いたします。

西フランダース州で醸造されるレッドビールに対して
東フランダース州では、「ブラウンエール」が醸造されています。

その代表的醸造所がこの「リーフマンス醸造所」です。

西の横綱が「ローデンバッハ」なら
東の横綱が「リーフマンス」と。。

ブラウンエールとはイギリスなどのブラウンエールと違い、
東フランダース州で醸造される酸味と甘味を持ち合わせたブラウン色のビールです。タンクで数ヶ月寝かせます。
なのでフランダース・ブラウンエールと言うとわかりやすいでしょう。
リーフマンス グーデンバンド
リーフマンス オード ブリューン

はブラウンエールの代表的存在であり、ぜひ皆様にも飲んでいただきたいとの事で、1月ベルギーへ行った際に交渉して参りました。
幸運にもリーフマンス醸造所のエクスポートマネージャーも一歩一歩やって行きたいとの事で輸入をさせていただける事となり感謝です。

この醸造所の特徴としてこのブラウンエールにフルーツを漬け込んだ
リーフマンス・クリークも名品です。

最終を現在、つめていますので、
さらに詳細をまた発表いたします。

醸造所にてたくさん試飲。樽生も。


ボトル内発酵を倉庫で。


すでに紙につつまれています。


名品、リーフマンス・グーデンバンドとリーフマンス・クリーク