社長ブログ

さて、これから
リーフマンス・クリークを注ぎに行ってきます。

リーフマンスのなつかしい裏話を聞きたいかたはベル・オーブ六本木へどうぞ。その後は豊洲へ2周年のお祝いへといった感じでしょうか?